« 2008/6/1 青々と、雄大な恵那山へ | トップページ | 2008/6/8 花いっぱいの休火山、岩手山 »

2008年6月 7日 (土)

2008/6/7 八幡平、霧の中

濃い霧の中、まだ雪がそこかしこに残る八幡平を歩いてきました。

200806070
湿原とアオモリトドマツと。幻想的!

===八幡平(百名山55座目)===
2008/6/7(土):見返峠駐車場(10:15)~鏡沼(10:25)~▲八幡平山頂(10:40-10:55)~八幡沼分岐(11:05)~(八幡沼)~見返峠駐車場(12:00)
======

6日の金曜日午後、お休みをいただいて(スミマセン!)一路、盛岡へ。
久しぶりの新幹線での遠出です。

金曜は、改装したての休暇村岩手網張温泉に一泊。お風呂も大きくて露天も付いてて、かなり快適(しかも安い!)。
で、翌朝は岩手山へ・・・の予定が、朝になっても岩手山は雲の中。

というわけで、行き先を八幡平に変更。しかも、見返峠駐車場からの往復、という超最短コース。
ほんとは安比岳とか後生掛温泉とかのほうに足を延ばしたかったんだけど、かなりの強風と霧とで気温も低いし、やむなく最短コースを取ることにしました。
う~ん、それにしても短すぎる・・・。登山じゃなくて散歩だね・・・。

2008060712
見返峠駐車場は、1日410円ナリ。まきchin家のレンタカーは白なので、霧に同化しちゃってます。
かなりの台数が停められそうだけど、本日はこんな天気なのでガラ空き。

さて、のんびり準備して出発。

200806071
石畳のキレイに整備された道をのんびり歩くと、ほどなく鏡沼と八幡沼との分岐に出ました。
ここは左の鏡沼方面へ。

200806072
ここから上は、雪道と石畳とが交互に出現。
アオモリトドマツの木々に囲まれた道をしばし歩くと、鏡沼に到着です。

200806073
まだほとんど雪に覆われてるけど、青白く満ちる水がなんとも神秘的。

さて、山頂に向けて伸びる道にはどんどん雪が増えてきました。

200806075
木々の間を縫ってさくさく歩きます。雪は固すぎず柔らかすぎず、歩きやすい。

200806074 そして道端にはフキノトウ!

・・・てな感じでさくさく歩いていくと、あっさり八幡平山頂到着!

200806076
山頂はアオモリトドマツに囲まれてますが、櫓の上からは北東北の山々が一望、みたい。
う~ん、リベンジだ!

さて、山頂を後にして、八幡沼へ向かいます。
ここから先は雪も増え、しかも開けた湿原の中の道になるので強い風が吹き付けて、ちと寒かった。

八幡沼分岐では、駐車場にそのまま戻る道と八幡沼を一周する道に分かれますが、ここは八幡沼コースを選択。
いくら天気が悪いと言っても、このくらいは歩かなくっちゃ。

木道を進んでいくと、霧の中にうすぼんやりと広がる湿原が登場。

200806077 幻想的~。

そして湿原といえばこんなお花たち。

200806078 200806079 2008060710 ワタスゲの花、ショウジョウバカマ、ミズバショウ。
そしてあちこちにミズバショウの芽が密集してて、あと二週間もすれば一面ミズバショウになりそう。
いいな~、きれいだろうな~。

というわけで、展望はゼロだったけど、人が少なくてとっても静かで、お花も楽しめたし、雪の上のサクサク歩きも楽しかった。意外とよかったぞ。寒かったけど。

駐車場に戻り、きれいなレストハウスで一休みしてから、本日のお宿、松川温泉の松川荘へ向かいました。
松川温泉は、温泉宿3軒の小さな温泉だけど、あちこちからモウモウと湯気が出ててなかなか壮観。地熱発電所もあるらしい。

2008060711
宿の周りには、温泉の蒸気を通すパイプが張り巡らされてました。
ここ、ほんとに温泉ですか?てな感じ。

お宿の温泉は、硫黄泉の濁り湯です。
内湯も露天もタップリ大きくて、たっぷりのお湯が掛け流し。いい気持ち!

|

« 2008/6/1 青々と、雄大な恵那山へ | トップページ | 2008/6/8 花いっぱいの休火山、岩手山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/41476428

この記事へのトラックバック一覧です: 2008/6/7 八幡平、霧の中:

« 2008/6/1 青々と、雄大な恵那山へ | トップページ | 2008/6/8 花いっぱいの休火山、岩手山 »