« 忘れた頃に・・・ | トップページ | 2008/4/6 ハンタマで春スキー »

2008年4月 5日 (土)

2008/4/5 白く雄大な、会津駒ケ岳

真っ白で雄大な斜面が広がる、会津駒ケ岳に行ってきました。

山スキーのメッカ、会津駒ケ岳をスノーシューで。
久しぶりの標高差1,200m、ナマった体にはキツかった・・・。

200804050

右後方に見える山頂を目指し、手前の駒ノ小屋に向けて斜面を直登。左手には、燧ケ岳、至仏山、平ヶ岳を一望。

===会津駒ケ岳(百名山50座目)===
2008/4/5(土):駒ケ岳登山口(7:10)~取付(8:00)~ヘリポート跡(8:40)~水場(9:15)~駒ノ小屋(11:00)~▲会津駒ケ岳山頂(11:20-12:30)~ヘリポート跡(14:00)~取付(14:20)~駒ケ岳登山口(14:45)
======

横浜を2時半に出て東北道を北上し、西那須野塩原ICで降りて80km強、福島県は桧枝岐村に6時半に到着。
車は、村民野球場駐車場に停めましたが、すでに何台も停まってました。ちなみにトイレは雪で閉鎖中。

200804051
先行の人がいてよかった~。・・・と言っても、出発する人たちはみんなスキー担いでます。そういう山らしい。

ここから登山口までは徒歩5分弱。大きな標識が立つ登山口から、登山開始。

200804052
ちなみにここにもキレイなトイレがありますが、雪で閉鎖中。
トイレの横からはすぐに雪の道です。さっそくスノーシューをつけてさくさく歩きます。

途中、直登の登山道とゆるやかな林道の分岐があったのだけど、ここでつい林道のほうに行ってしまいました(取付の下で合流するので問題ないんだけど・・・ちとタイムロス)。夏だと、この林道で取付の下まで車で行けるらしい。

さて、しばし歩いて取付に到着。ここから本格的な急登開始。

200804053 見上げる急坂。
ざくざくの雪の中、ひたすら登ります。かなり急だけど、スノーシューの爪が効いていい感じに直登でイケます。さすがDenali。

途中、尾根に出て、まだまだ急な道をひたすらざくざく登ると、ちょっと開けたヘリポート跡に到着。
一息ついたのもつかの間、まだまだ急な道を登っていくとNHKのアンテナが。

200804054 ごろ太くん、興味津々。

さてさて、急登はまだまだ続きます。

200804055
日陰に入ると締まった雪ですが、日向はざくざく。スノーシュー履いててもときどき埋まる。
久しぶりの長い急登、しんどいですわ・・・。汗だくだく。
山スキーの跡、スノーシューの跡、ワカンの跡、ツボ足(!)の跡が残る中をひたすら登ります。

そしてやっと傾斜がゆるくなってきたところがおそらく水場。標高もだいぶ高くなったようで、日陰はパフパフ雪。
しばらく登り、木々も広葉樹からシラビソなどの針葉樹に変わり、疎らになってきたころ・・・

200804056 右前方に白い山。
そして木々の隙間に、目指す会津駒ケ岳!わ~お、真っ白。青い空に映えますわ~。

2008040520
燧ケ岳も見えてきました。

まきchin、張り切って歩き出しますが、山頂まではあと一山、二山・・・もう三頑張りくらい必要そうな雰囲気。
200804057

そして森林限界を越えると風が強い!強風にあおられながら登ります。
その代わり、雪は固く締まってとっても歩きやすかったです。カリカリ・ガリガリというわけではなく、いい感じ。

2008040521 おもしろい形の雲!

ここまで来ると、前方に見える会津駒ケ岳目指して足取りも軽く、うきうきわくわく。
一山越え、ふた山越え、駒ノ小屋直前のだだっぴろい斜面の登りをえいやあ、と一息に登ると、雪に埋もれた小屋が出現。

200804058 完全に埋もれてます。

ここからは山頂は目の前。最後のひと頑張り、ちょいと下って100m弱登りかえすと、山頂到着!!

200804059_2
後に見えるは燧ケ岳、至仏山。
山頂の標識も「会」の字を残して埋もれてます。相当積もってますな~。2m以上は積もってるっぽい。

2008040510 中門岳方面。踏み跡なし。
夏は池塘やお花畑がきれいだそう。夏も来てみたい!

2008040519 平ヶ岳。きれいに真っ白。
越後駒ケ岳、中ノ岳も見えました。
日光白根山、男体山も見えたけど、ちょっとかすみ気味。

続々と登ってくる人はみな、山スキーヤーでした。気持ちよさそうだもんね~、山頂付近はまだ雪も締まってるし固すぎないし。天然の一枚バーン、しかもこの天気。ちょっとうらやましい。

強風を避けて木の陰でラーメン食べつつ山々を眺めていたら、つい1時間ほど過ごしてしまいました。
さあ、そろそろ下山開始。

2008040511
おおう、たくさん山スキー・山ボード諸氏が登ってきた。みんなワックワクのお顔。
我々はその横を、挨拶を交わしながらスノーシューでさくさく下ります。下りは早くて楽しい~!

帰りは駒ノ小屋を巻き、木立を抜けて下ります。

2008040512
振り向くと、山頂がもうあんなに遠くに。
そしてどうよ、この斜面。どこまでも広く白く。スノーシューで縦横無尽に歩くのもかなり楽しい。

2008040513
木立の中に入ると、ひたすら急な下りです。こんなとこ登ってきたんかいな。
気温も上がってさらにざくざくになった雪の中を、スノーシューで時々滑りながら豪快に下ります。
これは雪の道ならでは、ですね。
しかもスノーシューの爪がかなり効いて、滑りすぎることなく程よく雪をかんでさ~くさ~く降りられました(Denali、かなり立派な爪がついてるし)。

うわ~い三連発。

2008040514 2008040515
さくさく~ & 尻セード!

2008040516_2 木の洞から、どうも~!

登り途中ですれ違った方々に追いつき、おしゃべりしながら急な道を下ります。
そして取付の手前、最後の急坂。夏だったら絶対つづれ折の道なんだけど、ざっくざくの雪の中を真っ直ぐ、滑りながら下る下る。

2008040517
こんなとこ、よくぞ登ったもんです。

で、下りきったところが取付。いやはや、下りは早い。

ここから林の中をちょいと下ると沢沿いに出て、沢にかかる橋を渡ってちょいと歩くと登山道に到着。

2008040518 無事生還。オツカレサマでした!

<今回の山行>
久しぶりの標高差1,000m以上の登りで、ちょいとバテてしまいました。が、会津駒ケ岳、よい山ですわ~。
森林限界を抜けて、目の前に広がる真っ白な斜面と雄大な駒ケ岳。
まきchin、ガッツリ心をつかまれてしまいました。なんかこう、心が広くなるような。
アルプスとかとはまた違った雄大さがいいですね。

そして予想してたことではありますが、山スキー・山ボードの人ばっかりでした。登り下りともスノーシューなのは、我々と、途中で出会った4名様、ツボ足の1名様、ワカンで道標を整備されてた1名様(小屋の管理人さん?)くらいかな。

また是非来たい!積雪期ももちろん、夏の時期も来てみたいですね~。

|

« 忘れた頃に・・・ | トップページ | 2008/4/6 ハンタマで春スキー »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/40779714

この記事へのトラックバック一覧です: 2008/4/5 白く雄大な、会津駒ケ岳:

« 忘れた頃に・・・ | トップページ | 2008/4/6 ハンタマで春スキー »