« 紅葉の槍・穂高(2日目) | トップページ | お宅訪問 »

2007年10月14日 (日)

紅葉の槍・穂高(3日目)

3日目、いよいよ憧れの涸沢の紅葉です。

200710141

ザイテングラートを下りる途中に差す朝日。遠く雲海に浮かぶのは、おそらく蓼科&八ヶ岳(右奥)。

===涸沢===
3日目(2007/10/14(日)):槍ヶ岳山荘(5:30)~ザイテングラート~涸沢ヒュッテ(7:30)~パノラマコース~屏風ノ沢コル(8:30)~新村橋(10:00)~河童橋(11:30)~上高地BT(11:50)
======

さあ、最終日、上高地BTのバス停が混むとかなわんので、早めに出発です(といっても、みなさんもっと早く出てらっしゃいましたが・・・)。朝食をお弁当にしてもらっていたので、それをいただいてから出発です。お弁当は朴葉すし。おいしい!

2007101411
腹ごしらえができたところで、穂高岳山荘直下のザイテングラートを下ります。話には聞いてたけど、急な下りですなあ。盛夏のころは行列になってるそうで、それはちょっと滅入りますね。

下っていくうちに朝日が出てきました。あたりが明るくなってきたころに、いよいよ涸沢のナナカマドに突入です!

200710142
見晴台から見るナナカマドの紅葉と、涸沢岳・奥穂高岳。これこれ、これが見たかったのよ~。鮮やかな赤がまぶしいです。夏はあんなにクッキリした緑なのにね。

200710143
ダケカンバの黄色も負けてません。後ろに見ゆるは前穂高岳。

2007101431
涸沢ヒュッテが近くなると、カメラマンがあちこちで紅葉と山の写真を撮っています。もう、いたるところ、撮影ポイント状態。

槍沢の紅葉よりも、涸沢の紅葉のほうが鮮やかで華やかな気がします。ただ、涸沢はすぐに岩肌になってしまっているのに比べ、槍沢はわりと上のほうまで紅葉が広がっていることと、人が少なくて静かであることから、紅葉に包まれている感が強い気がしますね。どちらも、◎!!

さて、人がごったがえす涸沢ヒュッテの前を通り過ぎ、いざパノラマコースへ。今日は下りだけだもんね~、と余裕かましてたところ、いきなり登るし! しかもクサリとかあるし、人が意外と多くて渋滞してるし! 完全に油断してたので、あの登りはちとキツかった。

そんなこんなで、振り返れば涸沢、左手を見れば槍沢、のなかなかゴージャスな眺めの中、屏風のコルまでは緩急の登りが続きます。

そして屏風のコルに登りきると・・・

200710145 200710144
きゃあ~、ちょうど青空にもなって鮮やか!涸沢と槍沢の眺めのすばらしいこと、さすがパノラマコース。うっとり・・・。

2007101451
後ろ髪をひかれつつ、槍沢、涸沢と稜線に別れを告げて、上高地に向けてひたすら下ります。この道、登りに使うとつらそう。

そして梓川沿いの道に出る新村橋に出ると・・・。

200710146
なんと橋の上におさるさん。親猿が小猿の毛づくろいをしてました。横通っても逃げなかったんですけど・・・。

ここからは、ひたすら梓川沿いに歩きます。観光客の多いこと。ここまでくれば、山ノボラーは完全に少数派ですね。
なが~い単調な道をひたすら歩いて、お昼前には上高地BTに到着。バス待ち行列もまったくなく、すぐにバスに乗ることができました。

<今回の山行>
今回は、槍・穂高をたっぷり堪能することができました。

なんかこう、山ノボラーの心を揺さぶる山ですね。
槍・穂高はすばらしい、といろんな方が言うわけがよお~くわかりました。たしかにすばらしい。きっと、何度行ってもどの季節に行っても、どんなコースで行ってもすばらしいんだろうな。

山容に圧倒され、そこから見える景色に目を奪われ、紅葉のおまけまでついて、大満足の山行でした。

| |

« 紅葉の槍・穂高(2日目) | トップページ | お宅訪問 »

◇登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の槍・穂高(3日目):

« 紅葉の槍・穂高(2日目) | トップページ | お宅訪問 »