« 木曽駒ケ岳 | トップページ | 甲斐駒ケ岳 »

2007年7月28日 (土)

御嶽山

山頂付近はガスガスで展望はありませんでしが、たくさんのお花と出会いました!

200707280 オンタデ。

===御嶽山(百名山30座目)===
2007/7/28(土):御岳ロープウェイセンターハウス(7:40)~御岳ロープウェイ~飯森高原駅(8:00)~女人堂(8:50)~覚明堂(10:00)~▲剣ヶ峰(御嶽山)(10:30-11:00)~二ノ池(12:20)~覚明堂~女人堂~飯森高原駅(14:20)~御岳ロープウェイ~御岳ロープウェイセンターハウス(14:40)
======

なんか最近、天気には恵まれない。下界はすんごくいい天気なのに、ふもとまできたら山頂は雲をかぶってました・・・。とほほ。

ともあれ、御岳ロープウェイで上を目指します。終点の飯森高原駅からゆるゆるっと登ると、七合目行場山荘到着。ここから先は、階段状の道を登ります。

200707281 それにしてもさすが信仰の山。登る人も下る人も、白装束の人ばっかり。ろ~っこんしょう~じょう、お~やまか~いせい、ってね。

林が切れてあたりが明るくなるころ、八合目の女人堂到着。女人堂の裏には碑や鳥居が立っており、霊場になってます。ここからは、ハイマツの中の見晴らしのよい道を登ります。
石ころのごろごろする道ですが、よく整備されていて歩きやすい。そりゃ、これだけ人が多ければ歩きやすくもなりますわな。

ハイマツもまばらになり、赤い岩肌が見えるようになると、オンタデの群落が登場。地味な花だけど、集まると壮観。

200707283
いや~、人の多いこと。石室山荘の直下、人が列をなしてます。石室山荘のあたりが九合目かな。もうちょいです。

そして石室山荘から上は、ガスガス突入。鳥居の立つ覚明堂を過ぎ、奥社の社務所横に立つりっぱな石段を登ると・・・

200707284
御嶽神社奥社の立つ山頂到着!すんごい整備されてるんですけど。ちょっと拍子抜け。

200707285 とりあえず、それっぽいところで山頂写真。そうそう、そういえば、実は3000m級の山はお初、です。

さて、ガスガスの中ですが、とりあえずお鉢めぐりへ出発。火口のヘリと思われる道を、細かく登ったり下ったり。ガスはますます濃くなり、風も強くなってきたのでなかなか辛かったですが、そのかわりお花がたくさん!

200707286 200707287 200707288 200707289
イワウメ、イワヒゲ、アオノツガザクラ、チングルマ。じゅうたんのように咲いてます。すごい。濃い霧とあいまって、まるで天国の入り口のよう。

岩だらけの道を下ると、二ノ池登場。静かな池のへりには、雪がまだ残ってました。そしてここから少し登り、覚明堂前の道に合流します。

2007072810 2007072811 2007072812
覚明堂までの道にもお花がたくさん。ミヤマダイコンソウ、イワツメクサ、イワギキョウ。

さて、覚明堂からはひたすら下るのみ。来た道をずんずん下ります。登り返しとかない道なので、あまり急ぐと膝にきそうだけど、快調に下ります。そしてあっさり飯森高原駅に到着し、ロープウェイで下山。

2007072813 下山したばっかのところナンですが・・・山頂付近、晴れてきてません?!あちゃー。

<今回の山行>
それにしても人が多かった。信仰の山だけあって登山口も登山道もたくさんあるし、白装束の人もたくさん、山小屋もたくさん。メジャーなおやまなのね。そしてひたすら登る登山道。わかりやすくって、これもまたよし(登り返しが多い山だと、時々めんどくさくなるのよね・・)。
ガスってて展望がまったくなかったのが残念ですが、お花はたくさん咲いてて満足です。

|

« 木曽駒ケ岳 | トップページ | 甲斐駒ケ岳 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/16991185

この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽山:

« 木曽駒ケ岳 | トップページ | 甲斐駒ケ岳 »