« 大展望の八ヶ岳(2日目) | トップページ | 木曽駒ケ岳 »

2007年7月 1日 (日)

巻機山

梅雨の晴れ間を狙って巻機山へ。ちょっとガスってましたが、山頂に広がる湿原を満喫しました。

200707010

牛ヶ岳方面から見た巻機山。

===巻機山(百名山28座目)===
2007/7/1(日):桜坂駐車場(7:00)~五合目(8:00)~六合目(8:30)~前巻機(10:00)~▲巻機山(10:30-11:00)~▲牛ヶ岳往復(11:00-12:00)~前巻機(12:30)~桜坂駐車場(14:50)
======

桜坂駐車場にはすでに何台か停まってました。トイレも水場もあり、ここで夜を過ごすのもよさげです。
2007070110

巻機山の登山口、桜坂駐車場からは林の中の道を登ります。巻機山に登るには、ヌクビ沢という沢を登るコースもあるのだけど、我々はおとなしく井戸尾根コースを行きます(というより、沢コースはまだ雪が残ってて通行禁止でした・・)。

この山、一合目とか二合目とかの標識がきっちり立っていて、なかなかおもしろいです。何合目とかなら普通なんだけど、○号○勺とかの標もあるし・・・。細かいよ。
ちなみにゆるゆる登るのは三合目まで、そこから先はつづれ折の急な登りを行きます。

急な道をひとしきり登ると、五合目に出ました。

200707011
ちょっと開けていて、正面にヌクビ沢方面が見えます。うーん、あんな沢沿いを登るのは、ちとワタシには無理かも。

ここからちょいと登ると六合目の展望台。晴れていれば正面にヌクビ沢や天狗岩が見えるそうなのだけど、今日はイマイチ見えません。
200707019みんな一休み中。

200707012 ゴゼンタチバナ。ちょっとユーモラス。

六合目から少し登ると、笹の中の開けた道に出ました。笹やハイマツの中のおだやかな道のあとは階段の道に。
2007070111

ぐんぐん登っていくと、ニセ巻機山に到着。ここですでに九合目らしい。地図によると本名は「前巻機山」らしいのだけど、標識には「ニセ巻機山」って書いてある・・・ニセってちょっとかわいそうかな。

ニセ巻機山からちょっと下ると巻機山避難小屋があり、小屋の前には雪渓が広がってます。なんか、雪渓の上を走ってる人がいるんですけど・・・なぜに走る・・・元気ですな・・・。
とりあえず我々は、山頂に向かいます。

200707013
小屋の周り一帯は池塘が広がり、穏やかな景色。

さて、ここから階段状の道を登ると巻機山の山頂に到着。
2007070112

ベンチがいくつかあって、開けて気持ちのよい山頂。

山頂にちょっと早めについたので、牛ヶ岳まで足を伸ばすことにしました。
巻機山から牛ヶ岳までは、湿原の中の穏やかな木道を行きます。
上越の山らしく、山頂付近の穏やかな道と広がる湿原がなかなかいい感じ。開けてて気持ちいい~。晴れてて展望がよければ、もっといいんだろうけど・・・。

200707016
目指す牛ヶ岳はあそこ。のびやかで気持ちいい道!

200707014 200707015
そしてこんな花々も咲いてます。タテヤマリンドウ、イワイチョウ。

牛ヶ岳山頂は、標識が立つだけのシンプルな山頂です。居合わせたおじさんとひとしきりおしゃべりした後、巻機山へ戻り、来た道を下ります。

200707018
ニセ巻機山方面。のったりと横たわってます。

200707017
巻機山直下、避難小屋までの道。どこまでも続く木道が白く光ってます。

いつもながら、下りは早い早い。相変わらずガスってて展望もよくないので、ひたすら下ります。ニセ巻機山の直下をちょこっと登る以外は、ず~っと下りです。そんなに急な下りもなく、○合目の標識を目安にずんずん下り、駐車場到着。オツカレサマ!

<今回の山行>
ガスってて展望はありませんでしたが、山頂付近の湿原とおだやかな道が上越の山!という感じでとっても和みました。穏やかで安らぐわ~。
山頂付近で出会ったおじさんは、沢コースを行かないとこの山は楽しくないよ、と言ってたけど、あのコースはパンピーにも行けるのか?!技術も度胸もない我々は、井戸尾根コースで十分満足でした。

|

« 大展望の八ヶ岳(2日目) | トップページ | 木曽駒ケ岳 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500450/16991189

この記事へのトラックバック一覧です: 巻機山:

« 大展望の八ヶ岳(2日目) | トップページ | 木曽駒ケ岳 »