« 大展望の八ヶ岳(1日目) | トップページ | 巻機山 »

2007年6月17日 (日)

大展望の八ヶ岳(2日目)

本日も晴天ナリ。ツクモグサがたくさん咲いてました。

200706170

朝日に照らされる富士山。お正月みたい~!

===八ヶ岳(中岳、硫黄岳)===
2日目 2007/6/17(日):赤岳頂上小屋(6:30)~赤岳天望荘(7:00)~三叉峰(8:10)~▲大権現(中岳)(8:30)~▲硫黄岳(10:00)~赤岳鉱泉(11:20-11:50)~やまのこ村駐車場(13:10)
======

朝食の前に、赤岳山頂から朝日を拝みます。

200706171
朝日に染まる権現岳と北岳、仙丈、甲斐駒。空気も澄んでて、気持ちいい!

朝日を拝んだら、山荘へ戻ります。朝ごはん~♪
2007061711

さて、朝食をいただいて出発です。

200706172
赤岳直下、赤岳天望荘まではところどころクサリのあるガレ場の下り。

2007061712 見上げると、頂上山荘がはるか上。

急な斜面をガッツリ降りると赤岳天望荘に到着(五右衛門風呂があるらしい)。
ここからは、岩場のアップダウンが続きます。地蔵尾根への分岐を過ぎ、三叉峰に向けて登っていくと・・・

200706173
ややっ、あんなところに雪が。日陰なので凍ってつるつる。気をつけて慎重に通過します。

ここから大権現までの道、ツクモグサがたくさん咲いてました。ふわふわの毛につつまれてて、かわいい。にょきっと生えてるところが面白いです。

200706174 200706175
オヤマノエンドウ、ツクモグサ。

200706176
稜線上の広い道を歩いていくと、横岳最高峰の大権現に到着。歩いてきた道を振り返ると、赤岳がだいぶ遠くになりました。富士山も見える~!

さて、大権現からしばらく、クサリとハシゴの道が続きます。

200706177
こんな感じ。道は細いけど、クサリがしっかりついてます。

クサリの道を過ぎると、開けた気持ちのよい道になりました。 硫黄岳山荘まで、稜線上の道をのんびり上り下りします。

ネパールみたいな旗がはためく硫黄岳山荘を過ぎると、硫黄岳への登り。火口のヘリみたいな道に、お行儀良く等間隔にケルンが立っていて、それにしたがって登っていきます。

200706178
7つのケルンを過ぎると、広~い山頂到着!歩いてきた道が一望!蓼科山方面もよく見えます。いや~、ほんとにいい天気。

山頂でお昼寝したいところですが、しばし眺めを楽しんだ後は赤岳鉱泉に向けて下山開始。岩ころと白ザレの道を下り、天狗岳への分岐からは樹林帯の中をジグザグひたすら下っていきます。この道登るのキツそう~。

道がだいぶゆるくなり、沢をいくつか渡ると赤岳鉱泉到着です。
ここでラーメン頼んでお昼です。うま~!!染み渡りますわ。

200706179
赤岳鉱泉と、赤岳・横岳。かな~り上に見える・・・。

エネルギー補給した後は、沢沿いにゆるゆる下っていきます。

2007061710
芽吹き始めた木々の緑が目に優しい。沢の音も耳に心地よいです。気持ちのいい道ですね。

道はそのうち樹林の中になり、しばらく歩くと美濃戸口に到着。お疲れ様!

<今回の山行>
天気もよく、大展望で大満足の山行でした。お目当てのツクモグサも見られてヨカッタ。
行者小屋や赤岳鉱泉まではゆるゆる~と登るのに、そこから先が急登で岩場もあり、とバラエティに富んでておもしろいです。
のんびり、ゆっくり登るのにちょうどいいですね。人気があるわけですな。また、違う季節にも是非行きたいですね。

|

« 大展望の八ヶ岳(1日目) | トップページ | 巻機山 »

◇登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大展望の八ヶ岳(2日目):

« 大展望の八ヶ岳(1日目) | トップページ | 巻機山 »